ギャッベとは??

ギャッベとは?

※ギャッベ・ギャベと、人によって呼び方が異なる場合もありますが、
  どちらの呼び方でも間違えではありません。

 

  • 見た目の特徴は?
    目が粗く、毛足が長く絨毯です。感触としては“ふかふか”です。

手前はキリム(平織の薄手の絨毯)。奥がギャッベです。


gabbeh_thick

 

 

 

ギャッベの厚みはだいたい1.5cm~2cmほど。100円玉の直径くらいの厚みです。

  • どこでつくられる?
    イラン南西部のシラーズ地方です。

    その前に・・イランってどこにあるの??

     


    イランは、ペルシャ湾に面した中東の国です。
    ・ペルシャ湾を渡ると:UAE(ドバイで有名なアラブ首長国連邦)
    ・東部:パキスタン、アフガニスタン
    ・西部:イラク、トルコ
    ・北部:アルメニア、アゼルバイジャン、トルクメニスタン
    の国々と国境を接しています。

 

 

  • 誰がつくっている?
    イランのシラーズ地方に住む、カシュガイ族やルリ族などによって織られています。
  • 何からつくられる?
    遊牧民が共に生活する羊の毛からつくられます。(ウール)
    ※カシュガイやルリ族は元々は遊牧民ですが、現在はその多くが定住しています。
  • どの様に織られる?
    手で糸を紡ぎ、天然染料で染め上げられ、
    カシュガイの女性たちの手により、1枚1枚手間暇かけて織られます。


【1分動画ギャッベが出来るまで① ギャッベを織る】

【1分動画ギャッベが出来るまで② 洗濯後、水を掃く】
洗濯後、天日干しにする前には、とんぼの様な工具で水を掃き出します。
水を吸ったギャッベは大変重くなるのと、乾きムラを無くすためにも
水気を切っておきます。
水を掃き出すたびに、ギャッベ本来の美しい色が現れてきます。

【1分動画ギャッベが出来るまで③ 最終工程 シャーリング】
織り上がったギャッベは、日光の下で天日干しされます。
乾燥後に、ギャッベの表面を整える為、電動のバリカンの様な機械でシャーリング
をします。これにより、表面が均一となり、ギャッベの文様がくっきり際立って
きます。

 

ギャッベの魅力

本サイトはギャッベの専門店である為、“ギャッベ”の検索ワードでたどり着いた方が
多いと思いますが、“ギャッベ”をこれまで知らなかった人や、はじめてみる人にとっても
“心に訴えかけるもの”を持っていると思います。

ギャッベが人々を魅了するものは、どこから来ているのでしょうか?

ギャッベは、イラン高原南西部に住むカシュガイやカシュクリ族といった遊牧民によって織られてきました。
遊牧民と共に生活する羊の上質な純毛を刈り取り、人の手で紡ぎ、大地の恵みで染め上げられます。

・赤色は茜(ローナスの根っ子部分)
・黄色はや主にザクロの皮やジャシールという野生の草
・青色はインディゴ
・茶色はクルミ

といった染料で染めた羊毛を、手間暇かけて遊牧民の人々によって手で織り上げられます。

手織りである為、その出来栄えは様々です。
まっすぐに織ったつもりが、少し曲がっていたり・・

また、草木染であるが故に、一枚の絵柄でも少しずつ色むらがあったり・・

このあたりがギャッベの持つ、”味”とか”個性”なのでしょう。

また、ギャッベは他の絨毯と比べると毛足が長く、”ふかふか”です。

イランという、あまり私たちには馴染みのない国でつくられるギャッベ。
しかし、ギャッベに触れる時に感じる懐かしさ、温かみ、ほっとする気持ちは、
国や人種の垣根がきっとないのでしょう。

ギャッベとは私たちの『心の原風景』であると思うのです。

それゆえギャッベは、はじめて見る人の心に訴えかけるものを持つではないでしょうか。

 

自己紹介

はじめまして。
私はギャッベ専門店TIANの代表を務めております、柏 雅弘と申します。

1979年12月31日(奇しくも、やぎ座のひつじ年)生まれ。
長崎県の佐世保市で10歳まで暮らし、それからは親の転勤で、福岡県の久留米市で学生時代を過ごしました。

幼い頃はサッカー少年、そして高校生からは友人の誘いがきっかけで音楽に夢中になり、ドラムを叩くようになりました。
大学は地元の福岡大学に通いましたが、授業そっちのけで毎日バンドやドラムの練習に明け暮れました。

大学を出た後は音楽で生活をしていく夢がありましたが、私が22歳のころ、私の叔父が博多でコールセンターの会社を立上げたこともあり、その叔父の会社の手伝いをする様になりました。

叔父の会社では、営業やコールセンターのマネジメント、ホームページ制作など様々な仕事を経験させて貰い、ビジネスの楽しさや厳しさを学びました。
特に20代の後半は急速に拡大していく会社の成長に追いついていく為、毎日、朝早くから夜中まで仕事だけをしていた様な気がいたします。

bosforas_istanbul_TURKEY30歳を過ぎた頃、ふとしたきっかけでトルコへひとり旅をしました。
そして、そこから徐々にイスラム建築や周辺の国々に興味の対象が広がっていきました。

(写真:2012年10月、イスタンブールのボスフォラス海峡から見るモスク群と夕日。生涯忘れぬ光景です。)

 

 

そんな、中東やイスラム芸術等の本を読み漁っていた時期に、色鮮やかなギャッベや、シラーズという都市にある“ローズモスク”と出会いました。

siraz「砂漠の国というイメージだったイランに、こんなにも色鮮やかな文化が存在していたなんて。」

この出会いから、私はペルシャ文化にすっかり魅了されました。
それから、私はイランやペルシャ文化に関する書籍を読み漁り、イランの歴史や現在の中東情勢におけるイランの果たしている役割を学びました。
また、イランの人々も日本人同様、ペルシャ書道や詩を愛しているということを知り、親近感を持ちました。

イランという国を体験してみたいと強く思うようになった私は、2014年初めてイランを旅しました。(もしご興味のある方は、旅日記をブログに記載ていますので、ご覧ください ⇒2014年 初めてのイランひとり旅 )

メディアなどで報道されるイラン=危ない国。
しかし、実際のイランの人々は温和で親切な人々が多い。

それまでの固定概念やニュース等で取り上げられる話題と、実際に自身が触れたイランとのギャップ。
このギャップこそが、私がイランに魅了された要因では無いかと考えています。

「イランに住み、生活をしてみたい。」
私は、2020年にイランで生活・ビジネスを開始すべく、2016年に、14年間務めた会社を退職しました。

その後は、海外でビジネスする上で避けて通れないであろう英語を学ぶ為、インドのニューデリーにある英語学校に通いました。(詳しくはブログをどうぞ ⇒2016年 インド英語留学)

2017年日本に帰国後、しばらくは日々の生活の糧を得る為、またも仕事に追われ、イランのビジネス立上げからは遠ざかっていきます。

そんな中、福岡の大川の家具屋さんと話をする機会がありました。

その方との話を通して、ギャッベの抱える課題(織り子さん不足による価格の高騰や、インドや中国産の安価な品が出回っていることがあること)を知りました。

中には、ギャッベの将来性に懐疑的な絨毯屋さんもおられる様ですが、わたしは、ギャッベは流行り廃りのある物ではないと思っています。
何故ならギャッベそれ自体がもつ、”人を魅了するもの”は、時が経っても不変のものであると考えるからです。

イランやペルシャ文化をこよなく愛するわたしは、イランへ直接出向き、自身の目でいいギャッベを選び抜き、数は少ないですが確かなギャッベをご紹介して参ります。

「ギャッベを通してイラン(ペルシャ)の文化を伝えることで、人生をほんの少しだけ豊かにするお手伝いをしたい。」

これが私がギャッベを扱う理由であり、こだわり続けたい事です。