福岡唯一のギャッベ絨毯の専門店です。ギャッベ絨毯、キリム、トライバルラグ(部族絨毯)を取り扱っています。まぁチャイでも飲みながらゆっくりラグを選びませんか。店舗はキャナル博多前です。2020年8月より今後のwithコロナ時代を見据え、店主の地元でもある久留米市国分町で営業開始(移転)します。

どまの(旧ばざある)は、福岡で唯一のギャッベ絨毯の専門店です。キリム・トライバルラグ(部族絨毯)も取り扱っています。

速報!youTubeライブのお知らせ

2020年11月22日(日)20時~、次回の入荷商品の最終選考会をYouTubeで生配信します。
もしピンと来るラグやギャッベがありましたら、今回の便に入れ込むことが可能です!(お買い求めをお約束するものではありません)
詳細はLIVEの冒頭にて説明いたします。

こちらに動画で紹介している選考中のラグ・ギャッベの写真をUPいたしました。

7 Rugs 先発ローテーション

※当店の今を代表する主力ラグ7枚です。

ギャッベ・ラグ新入荷のお知らせ
ギャッベ・ライフはこんなラグを扱っているお店です。
【お客様よりお送りいただいた写真①】カシュガイ族のトライバルラグ。
【お客様よりお送りいただいた写真②】シカのモチーフが象徴的なトライバルラグ。
【先日嫁入りしたトライバルラグ】 こちらも1枚目同様、カシュガイ族のトライバルラグ。
そしてお馴染みのギャッベや・・
キリムを取り扱っております・・
店主のあいさつとギャッベライフwebサイトの楽しみ方
NEWS1  LINE公式アカウント開設しました

ギャッベライフでは、ギャッベ先輩のLINE公式アカウントを開設しました。
メッセージ頂ければ、対応可能な時に返信させて貰います。(この辺りはゆる~くやっておりますので、夜でも手が空いていれば返信いたします。)

登録されると、以下のメリットがあります。
1、問合せフォームよりも簡単にメッセージや質問が送れます。

2、イランから仕入れ時にあなたのラグやギャッベを探し、ついでに買い付けさせて頂きます。(もちろん小さな玄関マット1枚からOK)

3、あつ森マイデザインのIDを希望の方にはお送りします。

4、GABBEH TIMESをお送りします。

5、速報や重要な話題をお届けします。

若しくは以下のQRコードを読み込んでください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7dcd081e197daad47e200f76662a725c.jpg

NEWS2  移転のお知らせ

先日、博多で最後の営業を終え、ギャッベライフのキャナルシティ前店ばざあるは幕を閉じました。
ご利用、応援して下さりありがとうございました。

さて、8月からはステージを久留米に移し引き続きギャッベやトライバルラグなど手織り絨毯の魅力を発信して参ります。

OPENは8月8日(土)です。

コロナで都会に人が集まる機会が減り、秋冬以降の情勢を鑑み検討した結果、
店主の地元である久留米市国分町に移転することにいたしました。

住所▶〒839-0863 福岡県久留米市国分町1622-1 サンコーポシライシ106号室

⇒どまのの最新の画像はこちらをご覧ください。(2020.08.23更新)

壁は全て取っ払ったとのことで、何の仕切りもありません。
自由にDIYしてよい賃貸物件ということと、
熱心でわたしと馬の合う担当の方だった為、こちらの物件に決めました。

部屋の右側半分が土間、左半分がフローリングという構造の部屋です。

⇒どまのの最新の画像はこちらをご覧ください。(2020.08.23更新)

どまのへの道案内動画です。

“ばざある”についてはこちら
ギャッベ専門のYouTubeチャンネルはこちら
店主はこんな人物です

NEWS3 お客様より写真をお送り頂きました。

先日、当店でトライバルラグをお求め頂いたお客様より部屋に敷かれたお写真を頂戴しました。

当店ばざあるの3大看板ラグ(娘)の1枚でした。
警戒中!?
早くも彼(彼女?)の陣地となってしまった模様・・

床、テーブル、ソファの素朴な雰囲気の中に、深みのある赤いトライバルラグを差すことで、お部屋の重心がぐっと下がり落ち着きのある空間になりました。
T様、末永くご愛用くださいね!

続いては、久留米のどまのに移転後にギャッベをお求め頂いたお客様からのお写真です。

床の木目の流れに対して垂直に敷かれているギャッベが素敵です。まるで絨毯の経糸と緯糸の交わりの様・・。
床の柔らかな雰囲気に対し、ペンダントランプのメタリック感やテーブル脚のアイアンが絶妙なアクセントになっています。M様、ありがとうございました‼
NEWS4 あつ森(あつまれ動物の森)でラグデザインを始めました。

「優れたインテリア・シミュレーターは無いものか??」
探し求めて3年・・。
ついに出会いました・・!!

それは何と・・
2020年上半期の超ヒットゲーム『あつまれ動物の森』でした。

現在は地道にラグを手作りしている段階です。

トルクメンのトライバルラグ
オールド感満載のオールドギャッベ
キリム「カイセリ産) 処女作です。

機が熟したら、
「ギャッベ・ライフ あつ森店」をOPENしますので、ご期待ください!!

YouTube一押し動画 その1

ブログ版はこちらから
トライバルラグの入荷で大失敗・・した絨毯屋店主が教える”もう失敗しない”ラグの選び方

YouTube一押し動画 その2

『ギャッベを買う前に知らないと後悔する3つのこと』をUPしました。

YouTube版は以下から↳

ブログ版はこちらから
ギャッベを買う前に知らないと後悔する3つのこと

YouTube一押し動画 その3

『そもそもラグやカーペットにはどんな種類があって何が違うの?(ペルシャ絨毯、キリム、トライバルラグ、ギャッベの比較』をUPしました。

YouTube一押し動画 その4

お客様インタビュー動画です。
北欧家具のあるお住まいにトライバルラグをコーディネイトしたお部屋。
家具とラグが、いい具合に調和しております。

YouTube一押し動画 その5

ギャッベ、本物と偽物の見分け方を教えます。
最初はクイズ形式になっていますので、一緒に考えてみて下さいね。

ギャッベライフの久留米の新店舗 どまのについて
ばざあるOPEN
真ん中が店主です。

・店名:ギャッベ専門店 どまの

・場所:〒839-0863 福岡県久留米市国分町1622-1 サンコーポシライシ106号室 8月8日(土)移転OPEN

・営業時間:11時~17時(火・金曜定休) ※事前予約制です。(当日でも空いていればご来店承ります。)

小さなサイズのギャッベ絨毯から・・
リビングサイズのギャッベ
心和ませてくれるライオンのギャッベも
ギャッベのことならお任せください。
店内では、チャイを飲みながらギャベをご覧いただけますので、会話が弾みます。

ようこそ。ギャッベ・ライフ TIAM(どまの)へ

~草木染め・手織りの絨毯ギャッベで、日々の暮らしを豊かに~

ペルシャの文化や歴史に魅了された店主が、ギャッベを通してあなたや、あなたの大切な方の生活を、彩り豊かにするきっかけづくりをお手伝いします。

店名であるTIAMとは、ペルシャ語で
“はじめて出会った時の自分の目の輝き”を意味します。

~あなたが、”TIAM”を感じられた1枚を大切な方へ~

インテリアの知識なしで、あなたのお部屋が
お洒落でくつろげる住空間に

多くの方は多かれ少なかれ、こういった望みをもたれているかと思います。
しかし、ハイセンスな家具をお部屋に揃えようとする場合、

  • とても値の張る買い物となる。
  • 実際に部屋に置いた際に“思っていたイメージと違う”。

ということも少なくないと思います。

インテリアに関する知識やセンスが無くても、
そのサイズには関係なく、

一枚敷くだけであなたの住空間をステキに変えてくれるアイテム。
それが、ギャッベです。

当サイトは、そんなギャッベ絨毯を専門的に取り扱うお店です。

以下では、“ギャッベがあなたの住空間をステキに変えてくれるか?ということについて
触れますが、その前に“そもそもギャッベ(ギャベ)って何?”という方は、
先ずはこちらをご覧ください。
ギャッベとは

ギャッベ絨毯1枚で、あなたの住空間がどの様に変わるのでしょうか?

1、1枚のギャッベ絨毯がアクセントとなり、
住まいの色々な場所をステキな空間として演出してくれます。

ギャッベ絨毯は、住まいの様々なシーンで活躍してくれます。

玄関に

廊下に

リビングに

お部屋のアクセントに

子供部屋に

寝室に

椅子の上に

メイクアップ時の鏡台前などに・・

その時々の気分やお部屋の雰囲気に応じて、

敷く場所も変えられます。

また、“くるくるっ”と簡単に丸めて移動が出来るのも特徴で、
テラスなどでのんびりしたい時など、移動も実に楽です。
(本場イランの人たちはこの様に、ベランダにギャッベ絨毯を無造作に敷いて屋外で楽しい時間を過ごします)

インテリアの知識やセンスは必要ありません。

一般的に絨毯は“敷く”というイメージがほとんどだと思いますが、
実はギャッベやキリムなど遊牧民の織った絨毯は、

  • 敷く
  • 壁に掛ける
  • 物の上に置く etc・・

その置き方・使い方は多様です。
また、複数枚のギャッベ絨毯を重ねるといった使い方もとても面白いです。

ギャッベ絨毯の使い方は自由です。
そして、無造作に置いているだけでも、
ギャッベ絨毯はしっかりと自己主張をし、それでいながら自然とお部屋に溶け込んでくれます。

2、手織りで素朴なデザインが、くつろぎ・安心感を与えてくれます。

都会での暮らしは、どうしても自然と触れ合う機会が少なくなりがちです。

ギャッベ絨毯は

  • 100%羊の毛(ウール)
  • 天然染料で染め上げ
  • ヒトの手で織り上げています。

また、機械織りと違い“画一的・均質的”ではありません。

工業製品に囲まれたわたしたちの暮らしにおいて、“手間暇かけた手作りのモノ”が
身近にあることが、

どれだけ私たちに、“くつろぎ”“安らぎ”を与えてくれるか知れません。

ギャッベライフでは
『普通の“何気ない空間”にギャッベを置いてみるとどうなるのか?』
を徹底的に追及しています。
ギャッベライフでは、現在(2019年2月現在)
  • 新築のモデルハウス、一般のお宅
  • オフィス
  • ホテルや旅館
  • 飲食店やバー

にお邪魔して、ギャッベ絨毯を敷かせて貰っています。
元々お洒落な空間はさらにお洒落に、
普通の空間はステキな空間へと様変わりしますよ。

ギャッベを色々敷いてみたはこちら

商品のご購入はこちらから

最新投稿

  • 【トライバルラグの入荷で大失敗(泣)・・した絨毯屋店主が教える”もう失敗しない・・!”ラグの選び方

    実はわたくし、イランからのトライバルラグの入荷において先日大失敗を犯してしまいました・・ 実は本記事、絨毯屋として情けない、恥ずかしい、悔しいという気持ちや、評判を落としてしまう可能性も危惧したことから、「OPENにする …

    続きを読む...

  • ギャッベ屋店主のあつ森マイデザイン ラグづくり日記【第7回:ギャッベで有名なカシュガイ族のトライバルラグをつくる】

    あつまれ動物の森、マイデザインでのラグづくり。今回は、ギャッベの生産で有名なカシュガイ族のトライバルラグをつくってみました。 テーマは1、宝石箱のようなキラキラ感」と2、無骨なガシガシとした雰囲気を出すことです。それでは …

    続きを読む...

  • ギャッベ屋店主のあつ森マイデザイン ラグづくり日記【第6回:This is Gabbeh! ギャッベの代名詞とも言えるオールドギャッベをつくる】

    あつまれ動物の森、マイデザインでのラグづくり。今回は、わたしの勝手な好みでオールド感満載のギャッベをつくってみました。 テーマはシンプルでひとつだけ、「オールド感」です。 オールドギャッベをつくるにあたり、以下の点を強調 …

    続きを読む...

  • ギャッベ屋店主のあつ森マイデザイン ラグづくり日記【第5回:ラで始まるネコ科の動物ラグ】

    あつまれ動物の森、マイデザインでのラグづくり。今回はラで始まる、ネコ科の“あの”動物。分っかるかなぁ~(笑) テーマは以下の3つです。1、非再現可能性2、可愛くなり過ぎないように 結構良い仕上がりになったと感じております …

    続きを読む...

お知らせ

一覧